老後に向けた資金計画|ソフトで株を操る|未来の操縦士になればいい

ソフトで株を操る|未来の操縦士になればいい

男性

老後に向けた資金計画

グラフ

老後に向けた資産運用を考える会社員や自営業者が注目しているのは、様々な商品ラインナップから選べる投資信託です。とりわけ低コストで効率的に運用できる投資信託として人気が高まっているのは、ネットでも気軽に買えるインデックスファンドです。インデックスファンドには株式や債券やリートなどで運用する商品があるので、一人一人の運用方針に合わせてファンドを組み合わせるのがポイントです。1000円単位で購入できるネット証券を利用することで、効率的に投資信託を活用して資産運用が行えるでしょう。成長性をより一層重視したいときには、先進国株式のファンドの比率を高めたり、リート型のファンドも組み込むのが理想的です。安定運用を心がけている個人投資家の多くが、先進国債券型のインデックスファンドの比率を高めることに積極的です。

リスクにも十分に注意しながら、様々な投資信託をバランス良く組み込むのが、理想のポートフォリオの特徴です。年齢に応じて組み込む資産の配分を変えるのがポイントであり、60歳以降は株式の比率を下げるのが一般的です。年率3パーセント程度の利回りを目標にするときは、総資産の3割程度は株式型のインデックスファンドを組み込むべきです。定期積立サービスを利用する人が中心ですが、相場が下落した時に機動的に購入金額を増やすのが賢い戦略です。資産の配分比率について相談したいときには、証券会社の担当者やファイナンシャルプランナーが役立つでしょう。スペシャリストのアドバイスを参考にすることが、老後資金を確保するのに最適なポートフォリオを構築するための近道です。